成功者が忙しいのは時間を大切にしているからである!【成功者の教え】

情報販売ビジネス

本日は、
「成功者が忙しいのは時間を
大切にしているからである!」

という内容でお届けします。

もしかすると、
「時間はとても大切」なんて話は、
あなたにはもう言うまでもない
ことかもしれませんが、

しかし、ここで今一度時間が
どれくらい大切なのか再確認を
して成功へ一歩でも近づいて下さい。

時間は有限です

世の中の多くのお金持ちや成功者
と言われる人たちが、
「時間を大切にする」というのは
よく知られた話です。

しかし、見方を変えると、
お金持ちが時間を大切にしている
というよりも、
「時間を大切にしてる人たちが
成功者になったり、お金持ちになる」
というのが、ある意味正解です。

お金持ちになったから時間を大切に
しだしたわけではなくて、
「時間を大切にしだしたから、
いつの間にかお金持ちになっていた」
って言うような方がしっくりくる
と思いませんか?

それというのも、お金持ちは
時間を大切なんだって学んだのではなくて
ビジネスをするうちに「気付いた」
ということなんですよ。

ここであなたの要らない時間というのは、
どんな時間でしょうか?

例えば、
「テレビを1時間見る時間」
っていうのは成功するためには
いらない時間とは思いませんか?、

成功者はビジネスをしながら
そういうふうに思いだして、
なんかいろいろ時間の使い方が
変わっていくうちにいつの間にか
成功していたという感じなんですね。

なので、是非あなたに覚えておいて
欲しいのは2つあって、
ひとつは、
「気付く」っていうことです。

「気付く」ということ。

学ぶではなく、時間は大切だっていう
ことに「気づく」こと。

学ぶではなく、時間は大切だっていうことに気づくこと。

もう一つは、
「お金持ちが時間を大切にする
のではなくて、時間を大切にする
人たちがお金持ちや成功者になって
いく」
っていう話ですね。

時間を大切にするとどういう変化が起きるのか?

では、そもそも時間を大切にすると
どうなるのか?

それは当然ながら、人との時間を
大切にするようになります。

そして、何かしらその人間関係、
人とお付き合いする際も
しっかりと選ぶようになります。

なぜならば、その人と
時間を共有するからです。

逆に、関係がある人とは
より良い関係を築けるように
自然と行動していきます。

なぜならば、より良い時間を
一緒に過ごしたいからです。

人から頂く時間にも真摯に
向き合えますし、人に与える時間
も大切にできます。

たとえば、話しをしていても最後を
マイナスで着地させても不毛だと
思うわけです。

なので、当然プラス思考に
なっていきますよね。

すべては、時間を大切にしている
から自然とできることなんです。

ポイントは、
「自然とできること」
ここにかかっています。

たとえば、成功者の人たちを
見た時に、

「なんであんな動きができるん
だろう?」とか、

「なんであんな風に考えられるん
だろう?」とか、

そういうふうにすごいなと
思うことがあるんですけども、

それは「彼らがすごい」っていうこと
ではなくて、

何か無理やりやっているってこと
ではなくて、

「時間を大切にしているから、
やっていること」
っていうのがすごく多いんです。

だから、やりたくてやっているです、
彼らは。

なので、価値観をそこに持っていけば
いいわけです。

その一つが時間が大切だと
「気付く」ということだと思うんです。

これだけで、結果的に本当に自然的に
収入が上がります。

なぜならば、多くの信用を
得られるからです。

なぜ信用を得られると
お金持ちになれるのか?
というのは、

以前に書いたこちらの記事
ご覧いただくと理解できます。

また、人間関係もより良く
なっていくわけです。

なので、「時間を大切にしましょうね」
という話なのですが、

ここからは少し、もう少しだけ
深堀してみましょう。

そもそも時間とは?

そもそも時間とは何でしょうか?

これは、まあ、いろいろあると思います。

様々な定義や、例えば相対性理論
に基づく客観的時間とか、
自分の感覚で変化する
主観的時間とか・・・。

物理に詳しい方であれば
原子の共鳴周波数とか、

「いや、そもそも時間は
存在しない」
と考える方もいらっしゃると
思います。

ただ、利便上お伝えすると、
人間が感じている時間というのは、
「命そのもののこと」
だと言えるのではないでしょうか?

つまり、
10分間ネットサーフィンするのは、
「10分間命を使っている」
という感覚です。

これは、御存じの通りだと思いますが、
時間は有限ですよね。

一日も一週間もです。

一年も十年も百年も、時間を定める
以上は有限となるわけです。

少し小難しい話かもしれませんが、
われわれ人間でいえば、
各人持っている保有時間、
これを「寿命」と呼んでいるわけです。

なので、生命にとって時間とは
命だととらえられるのです。

つまりはすべての物事に時間を使う際、
自分の命とそれを交換しているっていう
感覚です。

もちろん毎日毎日そんなことを
意識しているわけではないんですが、

たとえば自販機で飲み物を買っている
時に、
「今自販機で使っている28秒は、
私の28秒の命と交換している」
とか考えませんが、、何かを選択
する時は必ず強く意識するのでは
ないのでしょうか。

なので、仕事でも遊びでも時間を使うこと、
10分でも1時間でも関係なく
「命を差し出せないもの、
出したくないものに関しては、
やらない」
そういうふうに決めています。

逆に、何十時間、何日、何カ月、
何年だろうと、命を差し出す価値があると、
自分自身が思うものに関しては
絶対にやる。

私はそう決めています。

何ごとにも
「命を使うという感覚」
を強くもつと良いです。

例えばあなたが何かのスクールに
3か月通うとして、
自分の命を使うということで、
「それで得られるものは何なのか?」
「誰に何を与えることができるのか?」
「自分は、その3か月後どうなって
いけるのか?」

究極的に言えば命と物ごとというを
天秤にかけるということです。

「命を使ってやる」っていう感覚です。

同時に、あなたに残された時間というのは、
「思っている以上に少ない」
というふうに考えています。

もう、まったくもって足りないと、
言ってもいいと思います。

というのも、われわれ日本人の
健康的な平均寿命は73歳
(84歳?)になっているんです
けども、

そこから現在の年齢をひいて、
明確に自分に残された時間をひいて
考えると驚くほど少ないことが
わかると思います。

中には元気な諸先輩方もいるので、
一般論では語れない部分も多いですが、
時間の大切さは、若輩、年配、
老若男女関わらずに本当に大切で、

基本的に、自分だけが大切にして
あげられるものだと思っています。

さらに言えば、あなたの理想を叶えて
その理想の人生その部分を
「楽しむ時間」
これが必要になるわけです。

もう、ぼうっとしていれば時間にも
余りが出るかもしれませんが、
遊んでも、全力で遊ぼうと、楽しもう
と思ったら時間は本当に
足りないんですよ。

我々は生きている間、
「テーマパークにいるようなもの」
なのです。

乗り物に乗ったりしてワイワイ
するために必要なチケット、
これがお金だと。

そして、このお金を得るためのゲーム、
それがビジネス。

会社員であれば勤めてチケットをもらい、
自営業であれば自分でチケットをもらう、
そういうふうになっている訳です。

理想を叶えるには楽しむこと!

どちらにせよ、このミニゲーム、
ビジネス自体を楽しむのが、
テーマパーク全体、人生全体を
楽しみながら、遊び倒していくことが
理想をかなえていくコツです。

何でもそうですが、
「ワクワクしながら楽しむこと」
が上達における最大のコツです。

ミニゲームを楽しんでいたら、
ミニゲームがすごくうまくなって、
ビジネスが上手くなって、
テーマパークでも全力で楽しめる
わけです。

同時に、いくら周りからテーマパーク
の楽しさを聴いたとしても、
楽しめるかどうかは自分次第ですよね。

ディズニーがいくら楽しいといっても、
ディズニーは楽しくないと
思っていたら、楽しくないですよね。

どちらにせよ、我々には楽しもうと、
楽しまないでおこうと
タイムリミットがあるわけです。

時間はいくらあっても足りないの
かもしれませんし、昔と比べて平均寿命が
延びて現代人ならではの贅沢な悩みかも
しれませんが、

個人的にはやっぱりあまりに足りないなと、
思っています。

「え!このテーマパーク、3時閉園なの?」
みたいなそんな感じですね。

なので、我々は一日一日に全力を
尽くしながら、あなたの寿命を全うする
ほかないと、そう思っています。

日本人の平均寿命84歳から現在の
年齢をひいて、まずは睡眠時間をひく。

8時間であれば3分の1は睡眠です。

そこから毎日の着替えや風呂に使って
いる時間、食事の時間、通勤時間や
息抜きや趣味の時間。

さて、自分の理想に使える時間、
これはいったいどのくらい
残されているでしょうか?

テーマパークの閉演まであと
どのくらいの時間が残されているのか?

これを計算して、少ないと感じるのか、
長いと感じるのかはそれぞれの価値観
です。

しかし、ここに目を背けず、
しっかり見据えて、自分が保有している
時間を冷静に受け入れた人たちだけが
「時間は大切なんだ」と腑に落ちて、
気付いて、誰に言われずとも、学ばずとも、
時間を大切にできるんだと思います。

そして、それにふさわしい行動をして
いくんだと思います。

時間をきちっと管理して、
意識すると本当に泣いている時間が
もったいない。

自分の好きな人たちと笑っていたいし、
誰かを苦しめる時間も使いたくないし、
誰かを幸福にするために時間を
使いたいなと思いますし、

独りぼっちじゃなくて価値観の合う
仲間たちと一緒に挑戦したいし、
楽しんでいたいと思います。

この瞬間は二度と戻ってきません。

我々の最大の資産は
「時間」です。

経済面でいえば、その時間という
資産をどこに投資するか?

それで、どういった人生を歩むのか、
どういったお金持ちになるのか、
成功者になるのか、それとも、
何にもならないのかというのが
決まると思います。

今日は少しだけ、時間を取って
自分の残り時間を出してみてください。

手持ちの時間をどう使うかは、
100%あなたの自由です。

ここで、残された時間に対して
良い悪いを判断すると、
人間は自分を責めてしまうケースが
多くなるので、

決して感情ではとらえずに、
フラットな目線で受け入れて下さい。

あくまでもフラット目線です。

自分がこの地点からどうしたいのか、
それを見つめて、受け入れて、
笑って前に進みましょう。

では、また・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました