成功したければ目に見えないものを大切にすることが重要です!

情報販売ビジネス

こんにちは。

今回は
「成功したければ目に見えないものを
大切にしよう」
という内容をお届けします。

「ん?、なに?意味わかんない!」
と思われるかもしれませんが、

「見えないものは見えないじゃん」
とおっしゃる通りなんですが、
つまり、どういう事なのかと言うと、

「理想を実現しよう」とか
「経済的成功をつかもう」
と思った時には、

必ず「目に見えるもの」
そして
「目に見えないもの」
この二つの実在があることを
認識して、
「それを受け入れた上で、
行動していく必要がある」
という話です。

何だかよくわからないと
思うかもしれませんが
本当に大事な話です。

成功を目指して行動しているのに
失敗してしまうという人は、
一つの大きな原因としてこれが
ある可能性があります。

目に見えるもの、見えないものとは?

「目に見えるもの」
「目に見えないもの」

この1つ目の
「目に見えるものの実在」
の方は、手元にあるスマートフォン
やパソコン、今着ている服なども
そうですよね。

目に見える以上誰にでもわかると
思いますし、理解しやすいので、
今回は「目に見えない実在」
について詳しく説明したいと思います。

まず、はじめにご理解いただきたいのですが、
あなたもきっとそうだと思いますが、

人間は目に見えるものは信じますが、
目に見えないものはなかなか
信じられないという特性を持っています。

これ、現代人には本当にあるあるで

それこそ「見るまで、信じられない」
などと人はよく言いますよね。

あとは「目に見える物しか信じない」
なんて言葉もよく使われると思います。

信じる、信じないはこれは各個人の
自由ですし、こういった主張は
理解できますよね。

それに、現代はそういった方々、
そういうふうに考える方が
当たり前なので、

ビジネスを行う上では、
その主張を尊重して汲み取って、
それに対してアプローチして
いかなければならないのも
事実です。

しかし、ビジネスを仕掛ける側が
この「目に見えないと信じない」
とかいうふうに、そちら側に
行ってしまうと大事故になります。

「信じる」「信じない」は先ほど
個人の好みだとお伝えしましたし、
自由だと思いますが、

目に見えないものを強く信じる
ことができなければ、豊かな人生は
絶対に実現できません。

絶対です。

あなたが豊かな人生を望んでいるという
前提条件で考えると、
あなたもかならず「目に見えないもの」
を信じる側でいる必要があるわけです。

というと「え?何?お化でも信じろと
言うんですか?」
「非科学的ですね」「宗教ですか?」
と思われるかもしれませんが、
これはそういうことではありません。

あなたも少し考えてみて欲しいんで
すが、

我々の住んでいるこの世界は、
実は目に見えないもので動かされて
いることが非常に多いんですね。

というよりも、
むしろ「目に見えない実在」
の方ですべてが動かされている、
といっても決して過言ではない
と私は思っています。

たとえば、一番わかりやすい例だと、
我々は目に見えない「空気」によって
生かされているということです。

いま「空気は全然使ってないです」
「吸っていませんけど生きています」
という人はいないと思うんですよ。

もし自分の鼻と口をテープでふさいで
しまったらどうでしょうか?

5分も過ぎれば当たり前に死んで
しまいますよね。

物理的にその空気を確認するか
どうかは別として、確認しなくても、
目に見えなくても「空気が実在する」
のは確かなわけです。

人類は常に目に見合ないものを研究してきました

人間は、宇宙の創生や地球の成り立ち
などを解明するために、目に見える
ものはもとより、目に見えないものを
様々な実験、実証によりその存在を
明らかにしてきました。

かの有名なニュートンは、
りんごが木から落ちるのを見て
「万有引力の法則」を発見した
のは有名な話ですよね。

あとは、顕微鏡を使って目に見えない
細菌の実在を証明したり、電磁波、
磁力線、電機、放射線、音波、電波
などなど、

本当に言い出すときりがないんですが、
すべて目に見えないものな訳です。

私は、元調理師だったので時々料理を
するんですけども、料理をしていると
美味しそうな香りがしますよね。

それによって食欲がそそられます。

音楽も形は見えませんが、
メロディーは耳に聞こえてきますよね。

録音して波形にすれば目に見えますが、
波形にしなければ目には見えません。

時にその音楽を聴いてくつろいだり、
癒されたりしますよね。

人間の「心」も見えませんが、
我々はその心を感じることができます。

通じ合っていると感じる瞬間も
ありますよね。

目に見るもの、見えないもの、
この二つの実在をとらえ信じる事は、
ビジネスも含めた人生全体に通ずる
部分なんです。

基礎なんですね。

どういうことかというと、
たとえば「目に見える者しか信じない」
という価値感を持っている人がいた時に、
意識している、していないに関わらず、
お金は目に見えるので信じる。

信用は目に見えないので信じない。

となるわけです。

信用されないところにお金は来ない

お金は信用の蓄積から得られるもの
なのですが、

そのときに、信用がお金ですよって
いうのを教わったとしても、
その「目に見える物しか信じない」
という、見えない自分の価値観が
あったら、

そういうふうに自然と考えるわけです。

つまりは、信用は大切にできないし、
信用を得ようとも本気で思えない
わけです。

つまりは、信用を得られなくて、
貧しくなるわけです。

人は価値観に基づいて生きて、
やりたいことをやる生き物です。

目に見えない物しか信じない
という価値観があるので、
長期的には自然と必ずそれに
ふさわしい行動につながります。

結果、信用されないのも、
お金持ちにならないのも、
もはや「自ら望んだ必然」と言って
も過言ではないと思います。

全然関係ないように感じますが、
目に見えないものを信じられない
結果、

人と深い関係を築くことも難しい
ので、孤独感を感じることも多く
なって、精神的にも豊かになれない
わけです。

誰もそんな結果を望んでいないのに、
最初の小さな違いが180度大きく結果
が変わるわけです。

俗に言う
「バタフライエフェクト」ですね。

目に見えるもの、目に見えないもの、
研究によって解き明かされてきた
世界で生きている我々は、
目に見えるものがすべてだと、
そういうふうに思いがちです。

ただ、必ず目に見えないものは
「存在します」

世界を立体的にとらえて自由に
生きていくには、
「目に見えない実在は確実に存在する」
と気が付く必要がありますし、
確信を持つ必要があるわけです。

例えば「愛情」というものも、
すごくわかりやすい例の一つだと
思うんですよ。

愛情は見えませんよね。

もちろん目に見えるプレゼントを
もらったから愛を感じる、
信じられるということはありますし、

逆にもらえなかったら
愛されていないと判断することは
可能です。

その判断も時には重要だと思います。

しかし、すべて目に見えるものしか
信じないという判断基準に基づくと、
とても窮屈で貧困な人生を歩むことに
なるんですよ。

それも精神的に始まるんですけれども、
「誘ってくれるから愛されている」

「どこかに連れて行ってくれている
から愛されている」

「お金を使ってくれているから」

「話しを聴いてくれているから」

「分かってくれるから」

「共感してくれるから」

「味方になってくれるから、愛されている」
っていうふうに、判断する人もいます。

それだけが判断基準になる人がいるのも
事実です。

こういった方々は心がデリケートで
痛がり屋さんの人ほど、
特にそうなるのかもしれませんが、

しかし、誘ったり連れていかない方
がいいと思う愛もあるし、
「ともにいない方が相手のためになる」
という選択をする愛もあるわけじゃ
ないですか。

愛しているがゆえに合わせるべきではない
愛もあるし、優しい言葉が見えるから
本当の味方とは限らないわけです。

お金を使わない愛もあるし、
お金を使う愛もある。

目に見えないものしか信じないという
価値観を持っている人は、
愛情ひとつとっても本物、ウソ、
そういったものに関わらず、
分かりやすく便利に見えるものだけに
翻弄され続ける人生を送ることになります。

これは一例ですが、すべてに共通する
原理原則です。

まとめ

無知の知にもつながる内容なんですが、
目に見えない物のチカラは本当に偉大です。

最初にもお伝えしたとおり、
すべてを動かしているといっても
決して過言ではありません。

スピリチュアルとかお化けでも
何でもなくて、

我々は見えない物の中から、
ほんの一部だけを通して、
自分の感覚を通して、
目で見て自分の現実を作っています。

これから成功者になる上で、
目に見えるもの、目に見えないもの、
この二つの実在を感じ信じることは大前提。

基礎中の基礎となりますので、
ぜひ大切にしてください。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました