「無知の知」を知ろう。【成功者の教え】

情報販売ビジネス

こんにちは、今回は「無知の知」。

「無知の知」を知ろうという
テーマでお届けします。

そもそも、
「無知の知って何?」
と思われるかもしれませんが、

これは、古代ギリシア哲学者、
「ソクラテス」
が残した有名な言葉です。

「無知の知」これを簡単に言うと
「無知であることを知ろう」
ということです。

人はそれぞれ他人より詳しいと
思っていることとか、知っていると
思うことがあると思いますが、

もし、そう思ってしまったら、
「私はもうそれを知っているな!」
というふうになってしまうと、
そこで満足してしまって
成長が止まってしまいます
というお話しです。

哲学ではもっと深い意味が
あるんですけれども、
ビジネスにおいてはそういう意味だと
とらえてください。

「人は何も知らない」ということを
知らなければ、満足してしまって
成長が止まるということなんです。

学習において日本の教育制度の
問題なんですけれども、
「勉強してください」と言われた時に
まず何するかというと、
「マニュアル」を開きますよね。

マニュアルを開いて「じゃあこれでやるぞ」
というのが基本的な勉強のスタイルです。

そこがスタートだとほとんどの人が
思っているんですけれども、

実際には本当の学習のスタートというのは、
「その勉強の対象を知らない」
っていうことを知ることが
本当のスタートなんです。

で、
「知らないところからスタート」
している人と、
これをとりあえずやればいいのかと
「知ったかぶり」で学んだ人だと、
圧倒的に「知らないことを知っている」

「無知の知」の精神を根幹に持っている人
の方が圧倒的に成長できるのは、
なんとなく分かりますよね。

よく業界のトップレベルの
成果を出している人たちが
結構「謙虚」だったりすることが
あると思うんですが、

「なんかすごいですね!」
と人から言われても
「まだまだです」という人が多いと
思うんですけれども、

成功者がなぜ謙虚なのかっていうのは、
単純に人気取りのためにとかではなくて、
ビジネスや世の中を知れば知るほど
わからないことって増えていくような
構造になっているのですね。

例えば、勉強で円の面積を出そう
と思った時に、円の面積の出し方を
質問されたら
「3.14x半径の二乗だよ」
というふうに答えられると
思うんですけれども、

それに続いて、公式は分かるんだけれども、
「どうして3.14×半径の二乗で
円の面積がわかるの?」
と聞かれると、どうでしょうか?

ほとんどの人がわからなくなると
思うんですね。

そのように何かを1個知れば、
次々知らないことが増えてきたり、

知っていると思っている事でも、
その本質に迫れば迫るほど
自分は知らないってことに気づかされる
ってことがあるんですよ。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
っていうことわざがあると思うんですが、
まさに業界のトッププレイヤーが
謙虚であるっていうのは、
ここにあるのかなと思います。

アインシュタインも
「私たちが唯一知っているのは、
何も知らないということだけだ」
という言葉を残していたり、

スティーブ・ジョブズが
「私が持っているテクノロジーを
すべて引換にしても、ソクラテスとの
午後のひとときを選ぶね」とか、

ソクラテスのことを尊敬している
ようなことを言ったりとか、
もっともっとという知識欲や、

もっと違う領域、自分の求めている
領域に行こうと思った時に、
この無知の精神というのが必ず
あなたの「力」になるはずです。

人間っていうのは、
知らないことだらけなんですよ。

ほとんど知らないことに囲まれて
生きているんですけれども、
全部知らないってことになると、
人間の精神が持たないですよね。

なので、
「なんとなく知っている風」
な感じになってしまうんですよ。

満足しちゃうんです。

でも、そこで満足したら終了なんです。

なので、知らないということを知る。

人生っていうのは
「何が正解なのか?
がわからない!」

そういうふうなことの方が
多いと思うんですね。

あなたが何を正解とするかは、
あなた自身が決めるというのが、
「無知の知の精神」のもう一つの
要素になってきます。

なので、あなたも決して
今の知識に満足することなく、

学んだ後もまだまだ学べると、
もっと知らないことが、
「知らないことを私は知っている」
という謙虚さを持って、

しっかりとあなたの目標に
向かって進んで行きましょう

では、また・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました